未分類 | 怒る! | 2ch | 実話 | ちょっといい話 | なるほどな話し | 
読者募集中!
毎日笑える話をお届け(^^)
メルマガ登録・解除
ワラケルなぁ~日記
【メルマガ版】
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
社会人の常識
4コマ漫画
リンクフリー!
どんどんリンクして下さい
相互リンク募集中!kaja0007☆yahoo.co.jp
☆を@に変えてくださいね
一人で悩まずに!
今すぐ参加しよう!
髪のmixi!薄毛のWA!
ブロとも申請フォーム
携帯でも読んでみて
QR
FC2カウンター
ゲーム
オセロでチョット一息
占い
ブログ内検索
ワラケルなぁ~日記
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
アクセス

ページビューランキング
最近の記事
リンク
カテゴリー
プロフィール
Author:hige☆oyaji
日夜、おかしなことを追及する
年齢不詳、謎の大阪人(^^:)
RSSフィード
最強ダンサーズ
最強ダンサーズ
ランキング参加中
人気ブログランキング
注目記事
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2009.04.25 Sat
すごい技術
317 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2009/04/22(水) 13:49:32 ID:bGhHOSi90
ある酒場で駆け込んでくるなり大声をあげた若者がいた
「やっぱHONDAはすげーぜ!今度は考えるだけでロボットを制御できる技術を開発したらしいぜ!」
その若者にぶっきらぼうな視線を投げかけていたバーテンも続けて声をあげた
「ほう、それはすごい!脳内で考えるだけで伝達させるなんて夢のような事を実現させてしまうなんてさすがはJapaneseだ!」
すると奥の席でウォッカをあおっていた老人がボソリと呟いた
「そんなもの・・・我ロシアに取っちゃあ何十年も前の技術じゃて・・・」
バーテンが口を挟んだ
「しかし我が国にそんな技術があったなんて聞いた事もないですぞ?」
すると老人はおかわりを求めながら囁いた
「確かにあったのじゃ・・・現にその技術を開発したのは何を隠そうこのワシじゃ・・・」
若者が大笑いしながらその老人に向かって言った
「HAHAHA!本当にそんなすごい技術を献上した博士だってんなら何でそんな安物のウォッカしか呑めねえんだよ」
すると老人が言った
「献上しなかったからこそこの歳までこうして安物のウォッカが呑めるんじゃよ」


2ch    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://warakerublog.blog39.fc2.com/tb.php/3422-e3d826e4

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。